部屋探しには情報収集が決め手

インターネットでの情報収集が一番お手軽かも

季節の変わり目は転勤や、入学などで部屋探しをする人が増えてきて、不動産屋へ足を運んでも混雑していることがあります。
最近ではインターネットで簡単に部屋探しができるようになったので、便利になりました。
不動産サイトで賃貸物件をチェックしてから、不動産屋へ足を運ぶと、話がスムーズに進みますので良いお部屋探しのスタートは情報収集から始めましょう。

賃貸物件だけで検索すると、閲覧しきれないほどの部屋がでてきます。
お気に入りの部屋を探すにはまず、自分の探している部屋の条件を絞る事がチェックポイントです。
探し方は様々ですが、まず住みたい地域を選ぶ事から始めましょう。
普段、電車通勤をされている方は駅からのアクセスが重要になります。
部屋探しをしたい地域の最寄り駅から徒歩圏内か、またはバス停からの時間を設定して検索をかけてみましょう。

ここでのチェックポイントですが、まずは多く情報を集める為にできるだけ譲れる範囲を広くして検索をかけてみてください。
上記の他にも、自分の条件に合わせて上手に賃貸情報サイトを利用する事により、部屋探しの時間の短縮になります。
また、家賃の相場を知る上でも大変便利です。
築年数が浅いほうがいい、ペット可がいい等、良い部屋の条件は探す人それぞれに異なります。
部屋の見学の前に、しっかり準備をしておくのが大切です。

賃貸物件を検索できるサイトは、不動産屋のホームページから探す方法と、複数の不動産会社の情報を一括で検索できる物件サイトがあります。
各業者が運営しているホームページのメリットは情報が新しい事です。
住みたい地域が決まっているようであれば、その地域の物件を多く持っている不動産サイトをチェックしてみましょう。
新規のお部屋情報も入手しやすいです。
また、電話やメールで問い合わせをした際に、自分の理想に近いものが出てきたら、連絡をもらう事も可能です。

大手賃貸情報サイトのメリットは、なんといっても情報量です。
同じ地域で同じような間取りでも担当する業者によって家賃が異なる場合もあるので、比較をしたい時に便利です。
しかし、更新までのタイムラグがある事があり、問い合わせをした時にはすでに他の人で契約が進んでいたということもあるので注意が必要です。

お部屋探しのチェックポイントは「スピード」です。
分譲はじっくりと検討をし、何度も足を運んでから購入する方が多いですが、賃貸は一度、お部屋を見学してすぐに契約をする人も少なくありません。
部屋探しの際は、急な引っ越しでない限り、必ず物件見学をしましょう。
契約をしてから「思っていたのと違う」「住みにくい」なんてことにならないように。

ポイントとして見学をする時は室内だけでなく、窓からの景色や周辺道路の騒音や、買い物の環境などもチェックするのを忘れずにしてください。
日当たりのチェックをしたい場合は午前中に部屋探しをすると良いでしょう。
また、夜になると近所の雰囲気が一変する事もあるので街灯や、治安なども担当者の方に聞いておくと安心です。
きれいなお部屋や業者がお勧めするお部屋はあっという間になくなってしまう事も考えられます。
業者もできるだけ早く借り手を見つけたいので、気になるお部屋情報があればすぐに問い合わせをすることが重要です。

部屋探しを決めたらすぐに住みたい部屋の条件を決め、情報収集を行いましょう。
最近では地震対策として、地盤の強さや、建物の耐震性も気になる所です。
部屋探しには事前に聞いておきたいチェックポイントをまとめておくことが重要になります。
後悔しない部屋探しの為に、自分の譲れる条件、譲れない条件をしっかりと決めておきましょう。